思春期からの赤ら顔と30代からの毛穴

思春期真っ只中の中学生から悩み続けている赤ら顔。
30代の今も変わらず悩んでます。それに加えて毛穴の開きも気になり始めている今日のこの頃。。

レナセルクリアセラムの効き目!

赤ら顔は私の知る限り、レーザー手術という外科的な方法しかわからず、日常のスキンケアでは大した効果が得られないのが最大の悩みです。悩みは悩みなのですが、手術となるとすこし躊躇してしまいます。そして、手術する前に化粧品でなんとかならないだろうかと思い色々な化粧品を試しお金が無くなり効果はいまひとつの繰り返しです。多分その費用を使わず貯めてれば余裕で手術は受けられている金額ですね。笑 でも金額というよりはやはり気持ちの問題な気がします。

毛穴に関しては、ファンデーションの毛穴落ちがひどいてです。日焼け止めを塗るときそれは顕著に現れます。毛穴パックが大流行したことを軽く恨んでます。笑
一度開いた毛穴のケアはすっごく大変。。鼻に限ってはすっぴんの方が綺麗に見えるんじゃないかと思うほどです。笑

隠そうと思って厚塗りになって、時間が経って毛穴落ちするというジレンマから抜け出せなくて悩んでます。薄く塗る、薄く塗ると言いますが、やっぱり本能的に隠したいと思ったら厚く塗っちゃうのが人間です。