年齢の悩みはお肌から

子供の頃から20代まで、「肌がきれいだね」「色白だね」と周りに言われていた私。http://www.freepixel-webdesign.com/

日に焼けても少し赤くなって元に戻り、友人たちがニキビなど肌荒れに悩んでいた思春期も特に肌で悩むことはありませんでした。

自分で言うのもなんですが、恵まれた肌だと思っていたんです。

しかし変化は突然、確実に訪れます…20代後半、はっきりと今までとの違いに気が付いたのは30代に入ってからでした。

肌にそばかす、シミが出だしたんです。しかも頬の一番高いところに。そして、夏の日焼けが残るようになってきました。赤くなるだけだった肌の色が、確実に黒くなったんです。子供の頃から自分の肌に無駄に自信をもって過信していた私は、日焼け止めをこまめに塗ることは勿論、日傘なんてさしたこともありませんでした。

更に目元口元にはほうれい線らしき、細かい皺が出だしています。

朝綺麗にメイクをしても、夕方には目元口元の化粧がよれるんです…これは本当にショックでした。

このあたりから、今まで肌に何の手入れをしていなかったことを大いに後悔し、手遅れかもしれませんが、出来る限りのケアをしてあげる事にしました!

一年中紫外線をカットする化粧下地を使うようになり、日焼け止めも常備するように。

シミや皺以外にも、年齢によるたるみや肌のくすみ(顔色の悪さ)が出てきた肌の改善のための、美容液や化粧落とし洗顔の見直し。

そして、何より一番心がけているのが「保湿」です。

元々乾燥肌でしたが、年齢と共に益々酷くなった乾燥肌、そのままにしていると本当に皺が目立つし顔色もくすむ!ので、毎日の保湿だけは何があっても欠かさないように、本当に心がけています。

そのおかげか、また最近「肌がきれいだね」と褒められるようになりました!

やったらやった分だけ、肌はしっかりとその効果(成果)が目に見えますし、肌の状態って本当に見た目年齢に影響します。肌にうるおいとハリがあると、それだけで今までより若く健康的に見えるということを身を持って実感しました。

これから益々肌の悩みは増えていきそうですが、これからも肌をしっかりと労わってあげたいと思います。