お肌の乾燥は一年中起こっている

季節問わず一年中、お肌の乾燥と戦っている私。春、夏は空調の風に悩まされ、秋、冬は暖房に悩まされて過ごしています。たとえ扇風機の風であっても潤いを持っていかれてしまうので、風の直撃を躱し避け生活しています。

私がよく乾燥するのは、掌、お腹、背中です。スーパーに行った時は乾燥肌あるあるのビニール袋が開けられないやつですね。その時は、身体のあらゆる部分から油分を移植しています。

日頃のケアですが基本的にヒルドイド軟膏とプロペト(ワセリン)のみです。つけるタイミング等は後ほど記載しますね。

リンクルシャインの効果

まず、乾燥の天敵であるお風呂ですが、身体はゴシゴシ洗わないです。洗顔の様に泡立てようのスポンジで泡を沢山作って、身体に優しくつけます。顔も同じです。ここで大事なのは、ゴシゴシやらない事。乾燥しているというのは、お肌のバリアが無い状態なので強く擦って洗うと、肌を痛めてしまい、場合によっては炎症を起こしてしまうそうです。なので、優しくマッサージをする様にしてください。湯船に浸かる場合は、ぬるいくらいのお湯で長湯をしない事。熱いお湯だったり、長湯をするとただでさえ少ない身体の湯船が流されてしまうので注意しましょう。

お風呂を出てからですが、ここでも身体を擦らないように、タオルを押し当てて水分を拭き取ります。

※少しくらい濡れていても大丈夫です。

ある程度拭き終えたら、ヒルドイド軟膏を気になる箇所にぬります。その上からプロペトやワセリンでヒルドイドを封じ込めるイメージで塗ります。刷り込むようにせずに、あくまでもヒルドイドの潤いに蓋をするようにしましょう。あとは、夜更かしせずに早寝すれば完璧です。