髪の毛が少ない人は

私は髪の毛が生まれつき少ない。昔からだった。昔、髪の毛の少なかった私に「私って髪の毛が多くて剛毛で困っていて、その少なさ羨ましいな」なんて言われて喜んでいた。そして、髪の毛が少ない人は禿げにくい。そんなことを聞いて、そうなんだと思っていた。しかし、現実はそう甘くはなかった。ニューモ育毛剤

とにかく、少ないと地肌が見える。すると、何だか寒そうに見える。染めるのは地肌に悪いと聞き、染めずにいたら黒髪が地肌の白さを目立たせる。あの噂は嘘だったんだと心の中で叫んだけど、髪の毛をくくった時の地肌感はどうにもならなかった。なので、肌には悪いが染めてみた。地肌感は少しはマシになった。

でも、一番地肌感をなくすアイテム、それは帽子。最近になり、私は帽子ばかり購入している。今日の服装が帽子に合わなくても帽子を被り隠している。

でも、帽子をかぶり続けることは地肌によいのか悪いのかわからなくなってきた。なので、大きな髪留めで地肌を隠す日と帽子を被る日で蒸れないようにまた髪留めで地肌がひきつられないようにと考えた。フサフサの髪の毛に憧れる。昔に憧れられた私は逆に今は憧れている。一度で良いから、フサフサで束ねるのが大変なほどの量で剛毛な髪の毛になってみたい。そして、逆に少ない人を羨ましく思いたい。