ほうれい線のお手入れには、毎日のトレーニングがおすすめ!

ほうれい線、表情筋がある限りほうれい線はできてしまうもの。ただ薄さには個人差があります。ほうれい線が薄い人はいったいどんなケアをしているの?
アラサー以降に目立ちやすいほうれい線は美顔器を使用することなく、予防とケアが可能です。コストを抑えた美容法は一般的に重宝されますので、ぜひおすすめです。

モイスポイント3ヶ月効果!

口の中から表情筋をマッサージ!
口の中に指を入れること、それは衛生面が心配ですが、清潔な手袋をはめると大丈夫、問題なく口の中に手を入れることができます。薄手の手袋をはめてから、口の中へと指を入れ、ほうれい線のある部位を上下に撫でるようにマッサージしましょう。強弱は個人の感覚に従い、様子を見ながら調整してください。苦しくない程度であれば、毎日20回くらいはセットでマッサージしていきましょう。

フェイシャルトリートメントの手技も利用!
ファイシャルトリートメントの手技のうちで、ほうれい線の上を伸ばしていくという手技があります。手技については美容雑誌などでも一般向けに公開されていますので、美容の専門家以外でも自分の顔であれば、トリートメントを行っても良いのです。肌は重力に従い下降するものですから、表情筋が垂れてきたなと、誰もが感じて当たり前、落ち込まずに気がついた時にケアしていきたいものです。

決してコストをかける必要なく、入浴中でも少しの時間で取り組むことができるケア方法です。ぜひおすすめ!