「白髪」カテゴリーアーカイブ

ケミカルな白髪染めをやめてみたら

私はアレルギー体質で、肌が弱く、若い頃からケミカルなカラー材はかぶれてしまい、ずっと黒髪で過ごしていました。

https://freelance-shufu.net/mynature-color-treatment-commercially-available/

40代に入り、白髪をなんとかしなくてはいけなくなり、白髪染めを始めましたが、薬剤が以前より進化したのか、かぶれることはなくなりました。でも、とにかく痒い・・・。

そして、染め続けることで、だんだんと頭皮環境が悪くなって、髪が痩せ、抜け毛がホラー映画のように!なんとかしたくてネットで検索していたら、「ヘナ」という天然の白髪染めの存在を知りました。早速、ヘナ染めをしてくれるサロンを探して、1年前からヘナ染めに変えました。

ヘナには髪だけではなく、頭皮のトリートメント効果があるそうで、どんどん頭皮も髪も健康に!薄毛になってきていた髪も、フサフサに戻ってきました。髪の毛で見た目の印象って、本当に変わりますよね。

ただ、ヘナは白髪は染まるけれど、黒髪を明るくすることができないので、髪は常に黒く、重たいイメージです。黒髪では、加齢とともに顔移りが悪くなってくるし、そこは残念です。雑誌やヘアカタログなんかを見ては、軽やかなブラウンヘアでおしゃれを楽しみたいなと悲しくなります。

それでも、ケミカルな白髪染めでボロボロだった髪と頭皮には戻ることはできません。私は、これからもヘナ染めを続けていくしかなのでしょう。問題なく白髪染めできる人が羨ましいです。

ちなみに、「ヘナ」には100%天然のものと、ケミカルなものが混じったヘナとあるので、サロンで染めてもらう時も、自分で染める時も、よく確認した方がいいです。

白髪とうねりの悩み

髪の悩みで1番気になるのは、やはり白髪が多くなってしまったことです。ヘアージュヘアカラーフォーム

白髪染めを美容院でしていますが、1ヶ月も経つと根元から真っ白になってきてしまい、もう美容院の予約の日程を考え始めてしまいます。自分で白髪染めをしたこともありますが、なかなか良い仕上がりになったことがありません。また、手や洗面台も汚れたりするので気になります。

しかし美容院で白髪染めをするとやはり金額が高くなってしまいます。でも仕方ないのでいつも通っています。時々、美容院で白髪染めをした後に、大きなフケが出やすくなることがあります。フケが出てしまったときは、シャンプーを敏感な頭皮用にするなどして対策しています。

他の悩みとしては、癖が強い髪なので、ブローをきちんとお風呂上がりにしないと、翌日に髪が爆発してしまうことです。前髪など長くなってくると、目に入って、しかもうねりがあるので、気分的に良くないことがあります。また、ヘアスタイルも美容師さんとよく相談して、クセを見極めてカットしてもらっています。相性がよくない美容師さんにあたると、カットしてもらっても髪の毛がなかなか綺麗に収まらないことがありますので、相性の見極めが重要になります。

髪の老化…白髪とうねり

若い頃、髪が太くクセが強く悩みの種でした。縮毛矯正を知ってからずっと、年に2~3回縮毛矯正をし髪の状態を保って来ました。しかし、35歳を過ぎてから、最初は1~2本。あれよあれよと言う間に広がった白髪!これには驚き…白髪染めが欠かせなくなってしまいました。縮毛矯正をしながらその合間に白髪染め。それでも最初は白髪染めも2ヵ月に1度位で済んでいたのですが、45歳となった最近では1ヵ月に1度でも足りない位。

http://itdmonde.org/

3週間に1度白髪染めをしています。こうなってくると不思議なもので、今まで気になって仕方なかった髪のクセやうねりがあまり気にならなくなってきました。白髪との戦いに疲れているからでしょう。まだらな白髪なら良いのですが、分け目にくっきりと白髪が。何もしないと雪をかぶった富士山状態です。これを阻止するために、3週間に1度の白髪染め(白髪染め専用の美容室を見つけました。

無駄な物は省き自動シャンプーとドライヤーで乾かすのはセルフですが…お値段が安いので)と、それでも少し出てしまう白髪は白髪用ファンデーション(ブラシで白髪に塗るタイプ)で乗り切っています。気にならなくなったとは言え、放っておけない髪のうねり。半年に1度位縮毛矯正をするペースで落ち着いています。体の老化と共に髪の老化を感じつつも、それとどう付き合うかを探り、「あっ、いい感じ!」と思えるルーティーンを見つけるのも良いですね。