「ペット」カテゴリーアーカイブ

我が子のような愛犬ちわっw

私は現在28歳ですが、愛犬のチワワは我が子のようにかわいいです。この子を迎えて数年経ちますが、親バカぶりは日増しします。毎日、可愛い仕草やポーズをとると、携帯のカメラで何枚も撮ったり、動画まで撮影し、それらのデータをきちんと保存するために携帯の契約を変えてしまったほどです。

Ta-Ta(タータ)の口コミと効果をレポート!近所のお店では市販されている?

また、犬用のおやつやお弁当なども買い与えてしまうほど、我が愛犬には甘いです。ここまで愛犬に心が惹きつけられるのは自分が抱えている寂しさも関係すると思っています。日常的に孤独を抱え対人関係が苦手な私にとって、私が帰宅すると駆けつけてくれて、外出する際にはドアまでついて来てくれる愛犬の存在は大きいです。

また、ソファーに座っていると、近寄って来て、撫でてあげると気持ちよさそうにしてうとうとする姿にも、癒されています。言葉は通じなくても互いに求め合っていることや愛情が伝わってくるからです。

私は愛犬が自分や家族には懐いているけど、他人がうちの子の名前を呼んでも反応しない姿なんかを見ていると、改めて愛犬との信頼関係を確認できます。

ただ悩みもあり、トイレの躾がうまく行かないのが困っています。室内自由に歩かせているので、家が大変なことになってしまいます。可愛い我が子ですが、トイレ指導は少々厳しく行おうと思うこの頃です。

お兄ちゃんになった弟のチョロ

「この子の名前は、ちょろちょろしてるから『チョロ』ね。」評判通り?Ta-Ta(タータ)の本音の口コミと愛犬の健康効果をこっそりレポート!

姉の一言で決まった愛犬の名前。いつの間にか、おばあちゃんの家に居ついて、家族の一員となったチョロ。男の子だったので、弟ができたみたいでうれしかったです。

おじいちゃんが急になくなってしまい、中学校神学と同時に引っ越してきたおばあちゃんの家は、限界集落にありました。転校してきて、誰一人知り合いもいない学校で孤独を味わっていた私の友達はチョロ一匹。チョロと散歩したり、チョロの絵を描いたりすることが日常のお気に入りの行動になっていました。

しかし、犬の成長はものすごく早くて、小さかったチョロは、あっという間に抱っこできない大きさになってしまいました。限界集落なので、チョロのリードをはずして、一緒に思い切り走っていたのですが、チョロは走る速さも半端なく早くなり、ぐんぐん走って、ときどき振り返って私の追いかけてくるのを確かめて、待ってくれるようになりました。チョロのおかげで、私は体を鍛えることができたかもしれません。

ある日、チョロがものすごいスピードで猛アタックしてきて、私はバランスを崩してしまい、倒れてしばらく立ち上がることができませんでした。今までは、じゃれてきたチョロを受け止めることができていたし、チョロとのじゃれあいはすごく楽しいひと時だったのですが、チョロの体が大きくなっていたのです。それから、チョロがアタックしてくることは「なくなりました。猫のように優しく足にまとわりつくように気遣ってくれ、その日からチョロは私のお兄さんになりました。

愛犬のしつけ方は散歩が一番

犬において重要になってくるしつけというのは要するにどちらが上であるのかというのも根本的に理解させるということです。Ta-Ta(タータ)は販売店で市販されている?私の口コミと効果をレポートします!

どのように理解させるべきであるのかといいますと重要なのは散歩です。餌の与え方とかそういうこともあるのですがまず散歩において犬に好き勝手歩かせないというようなことをすると結構犬はどちらが上であるのかというのをしっかりと判断してくれます。

どっちの道に行くのかというのを決めるのは主人のやることなので基本的に犬に好き勝手に歩かせないということがしつけの第一歩とされているわけです。フラフラさせる程度は問題ないのですが根本的にどっちの道に行くのかといったようなことはすべて主人が決めましょう。

そうすることによって、進むのか、戻るのか、右か左か、といったような重要な決めなければならない部分について犬は結構こちらの意思を確認しようとしたりします。それなりに賢くなると分かり道などがあると止まって主人が進む方向を確認しようとする犬もいるくらいです。

そのくらいになればまず根本的に言うことを聞かなくなるというようなことはなくなりますのでまずは散歩のやり方から見直してみると良いでしょう。これは子犬の時からやらないと間に合わないというわけではないので安心して実行しましょう。

甘えん坊になった保護犬

とあるSNSで呼び掛けがあった「保護犬の里親になりませんか?」の記事。そこに写っていた垂れ耳のワンコに一目惚れしました。

保護主さんに実際にお会いして、ワンコに会わせてもらい、その子はうちの家族になりました。

http://www.delivery-planet.jp/

野良犬として保護されたので実際の年齢は不明。おそらく過酷な環境下で育ったのでしょう。体のあちこちにすでに治ったキズ跡がたくさんありました。

でもとてもかわいらしくて、無闇に吠えたりもしません。気が弱くて大人しい性格の子です。

獣医さんに連れていくと、フィラリアのキャリアである事がわかりました。その治療と去勢手術をお願いしました。

あとは保健所に予防接種済などの登録をしに行きました。

一週間ほど掛かりましたが、元気にボール遊びも出来るようになり、一緒に海に遊びにも行きました。

年齢はおおよそ8歳。人間で言うと高齢者です。

それでもとてもかわいくて、今ではすっかり人懐っこいワンコになりました。

大型犬なので特に飼い主がなかなか見つからなかったようですが、優しい性格で甘えん坊のワンコなので、今後も小型犬以外の子にも良いご縁があると良いなぁと思います。

すっかり甘えん坊になったうちのワンコ。

一緒に車でお出かけするのが大好きです!

ドッグランでも人見知りしませんし、小さなワンちゃんにも優しい子になりました。

昔のことは分からないけれど、今はそばに居てくれる、なによりの癒しの存在です。