カサカサなお肌とツブツブの毛穴

私は幼い頃からよく、「もちもちすべすべなお肌で羨ましいね」と周囲のの人から言ってもらえるほど美肌の持ち主でした。シミそばかすなんて一つもなく、思春期ニキビも無縁な日々を送っていました。
そんな私が化粧に目覚めたのは、高校生に入学した時でした。オシャレに興味を持つようになり、少ないお小遣いを貯めてはその時流行りの化粧道具を一つ一つ集めていったのです。最初は、マスカラとリップだけだったメイクも、アイシャドウを覚え、チークを覚え、少しずつ顔に塗る作業が多くなっていきました。

http://aperoma.org/

しかし、その一方で何かケアをしていたかと言えば、そういう訳ではありませんでした。お風呂から上がったら、パックどころか化粧水も塗らない毎日。それでも、周囲からは肌が綺麗だと言ってもらえていたので、何も心配していなかったのです。

それから時が流れ、成人を迎えたとき。街を歩いていたら、ある女性に声をかけられました。その方は、近くで小さなエステサロンを開業されたばかりの女性でした。今、モニターになってくれる人を探しているとのことで、肌診断をさせてほしいと言われたので、人生で初めてお肌を細かく見てもらいました。大学生ともなれば化粧水もしていたし、たまに韓国パックもしていたので、自分の肌に自信がありました。
しかし、いただいた結果は、肌年齢は実年齢+10歳。潤っていると思っていた自分の肌は、極度の乾燥肌であることを告げられました。

そして、鼻にはクレーターのような穴がボツボツとあいており、まさかこれが自分の肌なんて信じることができない程でした。
化粧を落とさず寝てしまうことが週に1?2度はあった私。その行為は、顔面に汚い雑巾を乗せて寝ているのと同じくらい汚いことを教えてもらいました。

あれから5年。今では、帰宅したらすぐに化粧を落とし、お風呂上がりには保湿を欠かさず行っています。まだまだ完璧とは言えない肌ですが、少しずつ改善に向かってくれています。